書籍:数学ガール / 俺の高校生活を返せ〜(二重の意味で)

学期末を過ぎるごとに,本屋で散財するのは悪い癖だ.

本書はもともと著者のWebサイトで公開されていた読み物をベースにした書き下ろし.3人の高校生(「1人の少年と2人の少女」と言えばもう,話がどうなるかはご想像の通りである)が問題を出し合い,解き合い,教え合う中で,数学の「本質」に触れていく青春ノベル.ということになるのだろうか.

数学をこよなく愛する人でも,スウガクと聞いただけで身の毛のよだつような人でも,それぞれに「問題を見つけること」や「問題を解くプロセスを考えること」の面白さに気づき,感じることができるのではないかと思う.

はぁ,僕も現役当時に,本書(あるいは「彼女たち」に)に出会っていればなぁ……

と言うか,本書の内容紹介については,出版記念インタビュー記事に詳しいのでそちらをご覧ください.そして,本書を読んでください(^^;

大切なのは,自ら学ぶことの意味と,一緒に学ぶことのできる友人の大切さに気づけること.なんじゃないかなと僕は思っている.

関連図書

リファレンス

Artikel Terkait

Emoji Emoji

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。