【拡散】【悲報】AirPods Proのニセモノを買っちゃったのでホンモノを買い直して間違い探しをしたよ

0

 お恥ずかしい話ですが、AirPods Proのニセモノを買ってしまったので、ホンモノと並べて比べてみた結果を皆さんにシェアしようと思います。(涙目)


1. ケース外観


外観に大きな違いは見られない。細かい点で、模造品には以下の違いが見られたが、正規品の現物を知っていなければ違和感を持つことはないかもしれない。
  • フタに(多少の)ガタつきがある
  • ヒンジ部分の塗装が荒い
  • LEDの表面が微妙に異なる
  • 生産国表示(Designed by Apple 〜)のフォントが異なる

2. シリアルナンバー

皆さん、「お前バカだなー。シリアルナンバーぐらいちゃんと確認しろよ」と思われると思われるが、Appleの保証状況確認ページには、模造品のシリアルナンバーも登録されていた。(正規品の使い回し?)


ただし、ケースの裏蓋に印字されているシリアルナンバーを見ると、ここは明らかに「怪しい」印象を持つ。

  • 模造品のシリアルナンバーの印字は、歪んだり滲んだりしている
  • 記載されているマーク、記号類の種類や位置が、大きく異なる(ただしこれも、正規品を知らなければ気付けないかも。)

3. イヤホン本体


こちらも、表記されているシリアルナンバー、記号類が歪んだり滲んだりしている点が顕著だが、それ以外には大きな違いは見られない。

4. イヤーチップ


素人目にも明らかな違いがあったのは、イヤーチップのパッケージだった。付属品にまでお金かけてられないもんね。
  • 正規品は紙製だが、模造品はプラスチック製
  • 大・小の配置場所や、L/Rの印字の有無が異なる

5. 接続


ケースを開けるだけで自動的にiPhoneが認識し、接続のポップアップが表示されるところを含めて、ほぼ正規品と同じ動作をした。一部、正規品でしか表示されない画面あり。


6. iPhone上でのシリアルナンバー表示

最終的に、iPhone画面上でこのAirPods Proのシリアルナンバーを表示することができるかどうかが、正規品と模造品とを確実に区別する方法だった。

設定>Bluetooth>接続されているAirPods Proの画面


  • 正規品は、機種名、モデル番号、シリアル番号、バージョン番号が表示されるが、模造品では表示されない
  • それ以外にもいくつか、正規品のみしか表示されない項目あり

設定>一般>情報の画面


  • 正規品は、「接続されているAirPods Pro」の項目が表示され、ページを開くと前述と同じ詳細情報が表示されるが、模造品はその項目自体が表示されない

7. アイコン表示


おまけとして、コントロールパネルなどに表示されるイヤホンアイコンが、正規品は正しくAirPods Proの形をしているが、模造品は旧世代のAirPodsの形になっていた。

8. 動作・音質

そういう訳で、騙されたと分かっても、普通にイヤホンとして使えるならもうこれでいいかと思いそうになったのだが、実際の動作や音質についても、正規品との比較はおろかまともに使用できない品質だった。
  • 一度ケースにしまって切断(AirPodsの電源OFF)すると、次にケースから取り出してもそのままでは再接続されず、再度Bluetoothの接続を行う必要がある
  • マイクの音声が途切れる
  • ノイズキャンセリングが動作しない(ただ音量が大きくなるだけ)
  • 外部音取り込みが正しく動作しない(外部音が極端に大きく、イヤホンの音が聞こえない)
  • 複数デバイス間の自動切り替えが動作しない(iOS14以降)

関連サイト


Slack : "ToDo"リアクションが付けられたメッセージをリスト化してリマインド投稿するBot

0
Slackで「ToDo」のリアクションが付けられたメッセージをリスト化して、リマインドとして投稿するBotを作った。

【使用例】
  1. 任意のメッセージに「ToDo」リアクションを付ける


  1. Scriptを実行するとリマインドが投稿される
    • ※リマインド本文中の[link]をクリックすると元メッセージに移動



【注意事項】
  • APIトークンの取り扱いには十分注意してください。
    • プライベートチャンネルにBotを参加させると、GASプロジェクトの管理者(APIトークンを知っている人)が、チャンネル内の会話を閲覧できるようになります。
  • APIの利用制限(Rate Limit)に従うため、各所にsleepを設定しています。
    • 現在の設定値は適当です。
  • リマインドの投稿を箇条書きにするため、1メッセージあたりの最大文字数(textLength)を定義し、メッセージ本文がこの文字数を超えている場合はカットしています。
    • ただし、カット処理は簡易実装のため、URLの途中で途切れたり、絵文字や書式が無効になる場合があります。
  • 2019/12/21現在、投稿内容の箇条書きのフォーマットが反映されません。(ただのハイフンになる)

【ソースコード】
Githubにて公開
https://github.com/detourist/gas_slack_remindTodo

『私の私による私のための文書テンプレートをつくる #わたテン』サポートページ

0
2019/9/22に開催された「技術書典7」にて頒布した『私の私による私のための文書テンプレートをつくる #わたテン』のサポート情報を掲載します。

お求めいただいた皆様、また、このような機会を提供いただいた運営関係者の皆様に感謝します。


なお、本書の電子書籍(PDF)版は下記サイトにてお求めいただくことができます。
https://detourist.booth.pm/items/1531228


【お知らせ】

2019/9/22 お知らせ・訂正事項はありません。
2020/1/12 Windows環境でダウンロードファイルを正常に解凍できない場合があることが判明したため、ファイルを差し替えました。不具合のあった方はお手数ですが再度お試しください。


.

技術書典7『私の私による私のための文書テンプレートをつくる #わたテン (仮題)』

0
2019/08/26 公式サイトのサークルページURLを追記
2019/09/17 書誌情報を掲載、頒布価格決定


9/22(日) 池袋サンシャインシティにて開催される「技術書典7」にサークル参加します。
https://techbookfest.org/event/tbf07
同人活動初参加です。どきどき。



【イベント情報】
イベント: 技術書典7
日時: 2019/9/22 (日) 11:00〜17:00 (※11:00〜13:00は有料・時刻指定入場券が必要)
会場: 池袋サンシャインシティ 文化会館ビル2F/3F 展示ホールC/D

【出展情報】
配置: き40D (2FホールD)
サークル名: detourist.net

【書誌情報】
『私の私による私のための文書テンプレートをつくる #わたテン』
A5版 / 46ページ

【概要】
業務ドキュメントを作成する人と、それを読む(判断する)人の双方の手間と負担を減らすために、要点を整理してシンプルな文書テンプレートをつくる手順を例示します。

【頒布形態】
📘冊子+PDFセット [500円]
  → 現金 or かんたん後払い(DLCあり)
  → PDFの入手方法は冊子内に記載します

📄PDF単品 [500円]
  → オンライン頒布のみ @BOOTH
  → 会場にてURL案内カードを無料配布します


その他、最新情報は、公式サイトのサークルページをご覧ください。
https://techbookfest.org/event/tbf07/circle/5722480614309888
サークルチェックしていただくと筆者が一喜一憂します。よろしくお願いいたします。

はてなブログ : アーカイブページをテーブルレイアウトの一覧表示にする

0
はてなブログのアーカイブページは、標準では各記事の日付・タイトルに加えてアイキャッチ画像・本文冒頭が表示され、一覧性に劣る。これを、日付・タイトル(・カテゴリ)のみをテーブルのように一覧表示するように、スタイルシートを変更する。

変更後のイメージ


例示するはてなブログでは、デザインテーマ「メモ帳」を使用している。これに後述のカスタムCSSを追記し、アーカイブページを以下のように変更する。

デザインCSSの内容

デザイン>カスタマイズ>デザインCSSを編集する。以下は、必要部分のみを示す。
.archive-entry-header {
    display: table;
    width: 100%;
    border: none;
    padding: 0;
}
.archive-entry-header .date {
    display: table-cell !important;
    padding: 2px 0 !important;
    margin: 0 !important;
    width: 86px !important;
    text-align: right !important;
}
.archive-entry-header .entry-title {
    display: table-cell !important;
    padding: 2px 0 2px 1em !important;
    margin: 0 !important;
    font-size: 100% !important;
    font-weight: normal !important;
}
.archive-entry {
    position: relative;
    margin-bottom: 0 !important;
}
.archive-entry .categories{
    position: absolute;
    right: 0;
    bottom: 2px;
    margin: 0 !important;
}
.archive-entry .entry-thumb-link, 
.archive-entry .archive-entry-body {
    display: none !important;
}

※補足※

上記CSSは、ブラウザにAutopagerizeプラグインを使用している場合に、2ページ目以降の表示にも同じスタイルが適用されるよう考慮されている。具体的には、CSSの最下層の要素のみでスタイルを定義する。