VPS : logwatchの導入

2016/05/16 付録を追記

Serversman@VPSに簡易ログレポートのためのlogwatchを導入する。

(※以下のコマンドではsudoを省略している)
  1. MTAであるSendmailを停止
    1. service sendmail stop
  2. MTAとしてPostfixをインストール
    1. yum install postfix
    2. chkconfig postfix on
    3. service postfix start
  3. MTAを切り替える
    1. alternatives --config mta
  4. aliasにメールアドレスを設定(root宛てのメールを全てUSER_NAMEに転送)
    1. vi /etc/aliases
      1. root: USER_NAME
      2. 【挿入】USER_NAME: MAIL_ADDRESS
    2. :wq
    3. newaliases
  5. logwatchをインストール
    1. yum install logwatch
  6. logwatchの設定
    1. vi /etc/logwatch/conf/logwatch.conf
      1. Detail = High OR Med OR Low OR 0-10
      2. MailTo = USER_NAME
    2. :wq
  7. Cronの確認
    1. ll /etc/cron.daily
  8. logwatchの動作確認
    1. logwatch --mailto root

付録

筆者の環境では、自ドメイン宛てのメールをGoogle AppsのGmailに受信している。上記の設定ではこのVPSサーバからの送信アドレスはローカルドメイン(@HOST_NAME.localdomain)となるため、迷惑メールと判定される場合がある。

Gmailにて、from:@HOST_NAME.localdomain を条件に、処理を「迷惑メールにしない」と設定したフィルタを作成しておくことを推奨する。

リファレンス

Artikel Terkait

Emoji Emoji

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。